テレビロケ、雑誌取材、イベント関連のコーディネート等、台湾に関する業務のお手伝いを致しております。日本人スタッフ常駐、日本語にて対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい!

<2017.11.16> 今日のニュース
「台北MRT6〜12才児童料金を4割引に 台北市・新北市・基隆市共通交通観光スポットカードを発行」
小学生の子供を持つ両親にとっては嬉しいニュースが飛び込んできました。これまで台北MRTの小学生児童の料金は大人と同一でしたが、台北市政府は2018年より6〜12才の児童を対象に料金を4割引にすると公布しました。また観光客向けには、香港の八達通や日本の周遊券のような交通と観光スポットを組み合わせた商品「好玩卡」を新北市、基隆市と共同企画し発行する予定です。 台北市・新北市・基隆市が共同で売り出す「好玩卡」は一年間の売り上げ目標を10万枚とし、将来海外からの観光客はこのカード一枚ですべての用事が足りるようになるでしょう。 台北市副市長の陳景峻氏は「好玩卡は香港の八達通や関西周遊券と同じく、地下鉄にもバスにも乗車でき、故宮博物院を参観し、グルメの優待も付随しています。」とアピールしました。 好玩卡は使い放題の無制限カードと交通暢遊カードの二種類があり、料金は1200〜1900元に設定される予定です。無制限カードには故宮博物院、野柳岬、漁人碼頭,基隆海科館など12の景観スポットの入場料が含まれており、何回でも制限なく台北MRT、市バス及び台湾好行に乗車可能という台湾初の交通と景観スポットが組み合わされたカードで、通常より料金は最大6割も安い設定となっています。 台北市觀傳局長簡余晏氏は「将来の目標は各県市を整理統合することですが、今回は交通部の協力により台北市・新北市・基隆市、三市共通で使用できる商品が誕生しました。将来は台湾全土で使えるカード商品を作る方向で中央政府と調整中です。」と述べました。 外国人観光客が利用する以外に、これまで小学生の児童は大人と同じ料金でしたが、台北MRTは初めて児童学生料金を値下げしました。但、台北市に籍を置く6-12才の児童に限り4割引の優待が受けられ来年の元旦より実施される予定です。約15万人の児童が対象となります。 (情報:民視新聞

<2017.11.15> 今日のニュース
「2017花蓮温泉シーズン 11/18に登場」
花蓮県政府及び花蓮県観光協会主催の「2017花蓮温泉シーズン 温泉専用車イベント」は、14日に県政府ホールで発表会が行われました。県長傅山昆萁氏から11がつ18日から花蓮温泉シーズンが正式にスタートすることを公表し、温泉シーズンプランは日帰りのツアーや、台湾国内線専門のマンダリン航空とユニー航空と提携して航空券&ホテルの二泊三日プランなどを作っています。台湾の観光客が日本に行かなくても温泉が楽しめて、しかも花蓮地区の温泉ブームを巻き起こすことが期待されています。 県長の傅山昆萁氏によると、温泉専用車イベントは今年で12年目に入り、温泉、グルメ、花東縦谷関連の観光スポットなどを含まれたプランは、地元の特徴を集めて観光客向けの力にもなっていて、海外と国内の観光客をもっと引き寄せます。また、彼の話によると今回の温泉観光シーズンは11月18日から12月24日まで、合計37日間になり、また豊富なツアープランもありますので、全国民に家族旅行の提案をお勧めしています。 観光処代理処長彭偉族氏から、花蓮温泉は有名で、花東縦谷での名湯であることをコメント。今回の観光ツアーは、「瑞穂温泉区」及び「安通温泉区」二つの日帰りルートから選べられて、一人NTD650(ランチ付き)となります。ほかに、国内航空券&ホテル(二泊三日)のフリープランもあり、往復航空券(台北-花蓮、高雄-花蓮、もしくは台中-花蓮)、快適な宿泊(ホテルや民宿)で二泊、空港送迎サービスおよび一日間のツアーなどが含まれるプランもああり、一人NTD3,999〜(二人参加すれば成立)となります。 (情報:台湾好新聞

<2017.11.14> 今日のニュース
「大雪山、武陵で紅葉季節が登場」
立冬の日から天気がだんだん冷たくなります、海抜が高い地区の紅葉も赤くなる時期が入ります。いま紅葉の色づき状況は大雪山国家森林遊楽区1割、見頃は12月中です、武陵国家森林遊楽区の色づき状況3割、見頃は11月末です。 林務局東勢林区管理所によって、大雪山国家森林遊楽区と武陵国家森林遊楽区は全部台中市の和平區にあり、大雪山の気候景観も特徴でおり、雲海、夕焼けと山脈 紅葉の組合せも台湾絶頂の景色が見られます。 大雪山林道指標43キロメートル以上地区は工事やってますので、進入禁止になってます、2018年2月再開する予定です。このため、大雪山国家森林遊楽区いま入園したら、チケットが半額です。 大雪山国家森林遊楽区と武陵国家森林遊楽区内で青い山が赤いなるです、風で紅葉を揺らめいて、綺麗な風景です。林務局東勢林区管理所によって、もし大雪山国家森林遊楽区と武陵国家森林遊楽区の情報がもっと知りたいなら、林務局サイト「台灣山林悠遊網」 「東勢林區管理處網站」お知らせください、また大雪山サービスセンターを連絡してください。 (情報:今日新聞NOWnews

<2017.11.13> 今日のニュース
「地元産業と協力し田中マラソンが大きなビジネスチャンスに」
台湾米倉田中マラソンの参加者は毎年1万人にも上ります。旅館や民宿などの宿泊施設は大会の半年前から既に部屋は満室。マラソン大会の参加者には靴下、タオル、お菓子の蜜麻花など地元産業のものが配布され、地元産業と協力し合うことで、約5千万元もの商機となっています。 台湾米倉田中マラソンは2012年より大会がスタート、参加希望者は途切れることなく毎年増加しており、今年の参加人数は1万5千人にも達しました。台湾国内のマラソン愛好家以外にも、香港、シンガポールからなど国外からのエントリーも目立つことから、この大会は田中鎮へ大きなビジネスチャンスを呼び起こしています。 マラソン大会は早朝スタートとなるため、参加者は前日入りをし、旅館に宿泊をします。 田中鎮にて旅館を経営している陳揚琮氏よると、田中マラソンのために、南彰化地区の宿泊施設は一部屋の争奪戦になるため、半年前から予約を開始。公平性を保つため、田中マラソンの宿泊予約は統一した予約開始時間を設け、電話が繋がった順で予約を受け付けているとのことです。 宿泊予約は非常に困難を極めますが、この大会は地元産業にとっては大きな恩恵をもたらしており、大会の協賛ともなると、全国での知名度も向上します。田中名産の蜜麻花は参加者への手土産となり、その美味しさは参加者へ深い印象をもたらします。またプレゼント品であるタオルもまた地元で生産されるもののひとつです。 「マラソン大会が開催される時期、訪れる商機とそこから生み出されるものはただ一日だけのものではない」と田中鎮観光商圏発展協会理事長鄭宗政はそう述べます。イベントの構想当初、地元コミュニティの向上心だけではなく、いかにこの小さな町へ収益をもたらすかを考えたといいます。 鄭宗政氏はマラソン大会のイベント期間は町の受け入れ態勢を整え、地元産業との協力以外にもマラソンで訪れたランナーたちが町へ好印象を残し、知名度を上げ、地元産業のことを知り、またこの町を再訪してくれることを目標に掲げてきましたと続けました。 また、田中マラソン開催時期は宿泊予約は満室となりますが、ビジネスをマラソンだけに頼るのでは不可能です。多くの参加者が田中を認識し、好きになり、また田中へ遊びに来たいと思って欲しいと町で宿泊施設を営む陳揚琮氏は述べています。 大葉大学学務長?娟娟氏は田中マラソンは既に地方の特色は打ち出せています。田中鎮および近郊の南投集集鎮などとセット観光プランを組みなどして、より地方の発展促進を行なっていきたいとのことです。 (情報:中央社

<2017.11.10> 今日のニュース
「ブラウンコールドブリューコーヒー 台北地下鉄に現る」
地下鉄に乗ったとき、どうか頭をもたげて携帯ばかりをいじらないでください!なんとも神秘的なブラックコーヒーの香りを漂わせる列車がこの度台北MTRに登場しました!車内に一歩足を踏み入れると一面移動するコーヒーの世界が目に飛び込んでくるだけではなく、濃厚で芳醇なコーヒーの香りまで漂ってくるのです。これは全台湾ではじめてのコーヒーの香りのする車両となっており、国内コーヒーブランド金車グループが新商品として販売した「伯朗冷萃咖啡(ブラウンコールドブリューブラックコーヒー)」のために打ち出したプロモーションで、消費者に新商品の特徴である香りを集める技術を感じてもらい、合せて、淹れたてのクオリティーの高いコーヒーの香りを感じてもらおうという取り組みです。 車内ではこのコーヒーの香り以外にも様々なアイディアを取り入れており、ブラウンコーヒーのキャラクターのブラウンさんと同じ座席に座ることができたり、缶コーヒーをモチーフにしたつり革など消費者を新しいコーヒーを感じる旅へと連れ出します。このブラウンコーヒーコールドブリューのMRTは来年1月14日までMTR板南線を走行しています。 ぼんやりとまだ眠たい早朝、カップに注がれたコーヒーの香りをかぐことは多くの働く人々にとって、頭を目覚めさせる儀式なのではないでしょうか。金車ブラウンコーヒーは35年ものコーヒー製造の豊富な経験を持っており、商品開発グループが新しく生み出した新技術と厳格な品質管理によって産み出された新商品「ブラウンコールドブリューコーヒー」は厳選されたグアテマラのコーヒー豆を使用しコールドブリュー製法によって抽出、オリジナルの香りを採取する技術を組み合わせました。消費者には淹れたてのハンドドリップの風味が手頃な値段で楽しめるようになっています。 (情報:台灣新生報

<2017.11.09> 今日のニュース
「London Evening Standard(ロンドンイブニングスタンダード)「台湾旅行がオススメの理由」を紹介」
London Evening Standard(ロンドンイブニングスタンダード)はロンドンで有名な老新聞社です、近年に営業方法を変えて、ロンドンの地下鉄で無料発送になります。 まえの日にLondon Evening Standard(ロンドンイブニングスタンダード)「台湾旅行がオススメの理由」を報道しました。台湾は夜市 タピオカミルクティーがあります、また24H営業してるエビ釣りがあります、観光客に美味し物を食べれるし、遊びもできますことが報道しました。 London Evening Standard(ロンドンイブニングスタンダード)WEBでロンドンのソーホーにある台湾料理レストラン「許儒華苑」オーナーまたロンドン有名な刈包店(グゥアバオ)創立者張爾宬さん、鍾承達さんと鍾慧婷さんから台湾の魅力を紹介してます 台湾旅行がオススメの理由,和耋僂量觧圓伐安罎任后J乎罎蚤翹婿堝發10以上夜市があります、それぞれ特色があります。例えば寧夏夜市で「劉芋仔」と言う屋台があります、タロ芋団子の中に卵の黄身とロウソンと呼ばれる肉でんぶが入っています「蛋?芋餅」がとでも有名です、あと豆花(ドウホワ)、蚵仔煎(オアチェン)と滷肉飯(ルーローファン)は全部お見逃しなくグルメです。 台湾旅行がオススメの理由△狼軻麵です。牛肉麵は台湾の国民食です、毎年に台北市で牛肉麵節と言うイベントを開催します、人に自分好きな店はそれぞれ違います。文中でロンドン人に林東芳牛肉麵がオススメです。台湾旅行がオススメの理由は建物です、台北市で有名な101ビルがあり、総統府と圓山ホテルなど歴史が長い建物もあります, 現代なと伝統な建物の美しさ共に見学することができます。 台湾旅行がオススメの理由い和艫埕です。古い町は大稻埕に行って、乾物、高級食材、漢方薬…百年老舗がずらりと並び、台北で最も古い問屋街は「迪化街」で台北昔しい町風景を感じれれます。台湾旅行がオススメの理由イ和耋囘租な朝ご飯です。豆漿と油條(揚げパン)は台湾で伝統な朝ご飯です。その中名店はと言えば「阜杭豆漿」です、ロンドンから台湾来る第一日に時差のせいで寝れない時に、早めに並びに行って、そってなければ長い時間でならばなければなりません。 台湾旅行がオススメの理由Ε織團カミルクティーです。いま世界でどこでもタピオカミルクティーを飲めるが、一番美味しいタピオカミルクティーはやっぱり台湾です。台湾でタピオカミルクティーはカスタマイズすることができます、甘さ、乳量など調整してできます。文中で糖珍奶(黒糖タピオカミルクティー)をおすすめします。台湾旅行がオススメの理由Г浪浩瑤任后MRTを乗って、北投へ行って、気になる温泉ホテルで選ぶ、気楽に温泉に入ります。台湾旅行がオススメの理由┐魯Εーキングと自転車に乗ることです、台湾でとでもいいの路線があります、例えば象山親山?道など。 台湾旅行がオススメの理由は台湾お茶です。台湾産の烏龍茶がとでも有名です、もし古跡茶屋を体験したいなら、紫藤廬がおすすめです、もし静寂な茶屋に行きたいなら、小慢茶屋がおすすめです。台湾旅行がオススメの理由はエビ釣りです。エビを釣ってその場で焼いて食べられるので、外国観光客に楽しめる体験と思います。 (情報:中央社

  2017.11.16現在
or 台北 21~27℃
or 台中 22〜30℃
or 高雄 24〜29℃
or 花蓮 22〜27℃
  2017.11.16現在
10000JPY⇒2582NTD

1NTD⇒3.714JPY
©2006 Top Taiwan Media Factory CO,.LTD. All rights reserved.