テレビロケ、雑誌取材、イベント関連のコーディネート等、台湾に関する業務のお手伝いを致しております。日本人スタッフ常駐、日本語にて対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい!

<2017.3.24> 今日のニュース
「将来を見据えたインフラ建設計画 鉄道建設8年で9500億」
交通省部長の賀陳旦さんが今日、未来基礎建設計画の鉄道建設内容は、阿里山森林鉄道や基隆ライトレールなどを含めて38項目の計画が8年建設の予算は9558.63億元で、その中の4241.33億元は特別予算として援助すると発表。 行政院院会は23日の午前中に「基礎建設計画」の法案を通して、建設の内容は鉄道、水環境、グリーンエネルギー、デジタルと町興しなどの5大建設があり、8年の予算は約8824.9億元です。行政院長は林全さんは議会後、記者会見を開き、計画内容を説明しました。 賀陳旦さんによると、ライトレールは五つの項目を中心に、それぞれは高鉄、台鉄の連結網、台鉄と高鉄の乗り換えシステムの強化、台鉄のグレードアップと東部のサービス向上、電気化鉄道交通網の完成、発券システムの改善などあり、既存の鉄道を立体化、通勤時間の短縮、都内MRTの推進、中南部観光鉄道の建設、相関産業発展のため鉄道建設の研究発明の検証センターを立てる予定です。 賀陳旦さんにより、ライトレール建設38項目の計画は、総予算は合計9558.63億元で、中の4241.33億元は特別予算として援助。国内の生産値を約7000億元をもたらすといいます。 38項目の建設計画内容は、高鉄が屏東までの建設と北宜鉄道工程計画及び環境評価、台鉄の発券システムの向上、鉄道技術研究及び検証センター、台南と桃園市内鉄道の地下化、嘉義市内鉄道の高架化、空港MRT緑ラインの建設、新竹ライトレールの建設、台中MRT青いラインの建設、恆春と東港の観光鉄道計画、阿里山森林鉄道42号トンネル建設計画など含まれているそうです。 情報:中央通訊社

<2017.3.22> 今日のニュース
「金光布袋戯史豔文展示会 宜蘭台湾伝統芸術センタで開催」
布袋戯が好きな皆様に良いお知らせをお伝えします。今年、布袋戯のキャラクター「史艶文」は47周年を迎えるため、3月18日から宜蘭の台湾伝統芸術センタで記念展示会を盛大にやり始めました。展示会は年末いっぱいまで続く予定で、現場では、態々雲林から運んできた百年前の布袋戯ステージや、歴代の史艶文人形、40体の金光布袋戯人形が展示され、布袋戯の歴史と遷移が見れます。展示会の初日ではさらに布袋戯のテーマソングを歌った歌手たちと布袋戯人形の持参した大勢のファンでにぎわっていました。 「史艶文」というキャラクターは多くの台湾人とともに成長してきました。初代「史炎雲」の身長はわずか30センチでしたが、5代目の「史艶文」ではなんと100センチになりました。服装にもだんだん違う文化の要素を取り入れ、デリケートなディテールも増え、極めて繊細な工芸技術になっています。つまり、今回の展示会を通して、人形で起きた変化によって、その時代のパフォーマンス形態や美学、デザインの変化が分かることができます。 全聯善美的文化芸術ファンデーションCEOの李昱駪さんから、「黄海岱先生 と黄俊雄先生から黄立綱先生、野外ステージから劇場、劇場からモニター、布袋戯は現在のマルチエンターテイメントかつグローバル的な時代で更新し続く理由としては、伝統芸術を伝承しながら、新しいアイデアも取り入れ続けるからです。」と言い、また、金光マスコミの理事長黄立綱さんからも、「史艶文はとてもクラシックなキャラクターです。いろんな時代で違う命をさせれば、彼は永遠に生き続けられると思います。」とコメントしました。 (情報:台灣好新聞

<2017.3.21> 今日のニュース
「日本時代建設の旧神社が修復完了、再開します」
桃園虎頭山の桃園忠烈祠は日本統治時代に桃園神社だったです。近年は老朽化で雨漏りなど問題があるので、修復作業が行われていました。18日に修復工事完了を記念した音楽会を開催しました。出席した鄭文燦市長によって、桃園神社は全台で唯一の一番完全な形で残っています、歴史、研究、観光など価値があるし、市民にも憩いの場です。 ■全台で一番完全な形を残る神社 映画「KANO」もここでロケしました 桃園神社は1938年(昭和13年)に落成しました、全部台湾の檜木から建てました、 一番完全な形で残るので、映画「KANO」で近藤兵太郎が野球部の生徒に集合するの嘉義神社の景はここで撮影しました。 本殿、拝殿は老朽化で雨漏りなど問題があるので、修復工事で屋根、瓦、籬を更新しました、 修復したの桃園神社はもっと古風かつ質朴優雅です、周りも歩くやすいな動線を用意しました、照明システムも設置し、鳥居がもと姿も修復工事で戻りました、また虎頭山の綺麗な風景もあるし、これで市民を引き付けて来ます。 ■18日 記念した音楽会開催しました 市長によって、1972年、台湾と日本が断交したとき、政府は全台の神社が取り壊すの命令を発した。桃園神社も忠烈祠なっているので、そのまま姿を保存されています。日本統治時代の外地の神社で一番完全な形で残る神社です、未来は色々な文化イベントを開催する予定です、日本育桜会から贈られた河津桜も園区で植えた。 18日音楽会で西門小学校の小俐靈太鼓、大檜溪弦樂團、音桃愛樂社のウクレレ優勝者蔡晧怡さんなどグループを出演しました。神社の中で 水顏木房の「茶空間情境展」を展示します 情報:自由時報

<2017.3.20> 今日のニュース
「澎湖海上花火大会は4月20日に開催」
「2017年澎湖海上花火大会」は澎湖で最も大きいイベントで、2017年4月20日(木)に開催し、イベント期間は6月22日(一部の上演を除いて毎週月曜と木曜に開催)までです。期間中に23回の海上花火を見ることができ、その中で、一部の上演はマレーシア、韓国、日本、中国やフランスなどの国を招いて、各国の花火業者とコラボして、素敵な花火大会の内容を設計してもらいました。 今年の澎湖海上花火大会は、主催地の馬公市観音園区は主な主催者以外、一部の花火上演は五つの郷が任され、例えば望安郷(4月29日)は望安小学校学園祭とともに、吉貝嶼(5月6日)、湖西郷(5月18日)は小農市場とともに、澎南鎖港(5月20日)、七美郷(5月25日)、西嶼郷(6月5日)は白膜落花生祭りと白砂郷(6月12日)にキビナゴ祭りとともに開催する予定です。また、その他に2回の夕日花火大会は生活市場と花火市場とともに同時に開催し、内容は各郷の特色などを合わせて、手作り創作品、農業や漁業製品、エコロジーや異国グルメなどのイベントも同時に開催。 澎湖は「世界一最も美しい海湾―澎湖」のイメージをアピールし、特に澎湖は2012年に世界最も美しい海湾組織の一員に加入し、されに2018年の世界最も美しい海湾国際大会の主催権を取得しました。また澎湖は寂寞星球雑誌に世界TOP 10の理想郷に選べれ、アジアで新興な旅行シティとも呼ばれ、独特な自然景色や豊かな文化など、国内外の観光客には非常に魅力的です。 北部の民衆がもし「澎湖」湾のの情報を欲しければ、今日から19日まで、澎湖県政府は2017年の台北国際春旅行展で、澎湖主題館を設け、人々は澎湖の「美しさ」や「良さ」などを体験できると同時に、飛行機チケットや宿泊券、お土産などの抽選に参加でき、プレゼントをゲットすることができます。 海上花火に関する情報は「澎湖国際海上花火大会」のフェスブックのファンページまで。(URL http://phfireworks2017.com/bin/home.php:) 情報:旅遊經

<2017.3.17> 今日のニュース
「台鉄普悠瑪号増便 4月から毎日運行」
台北から潮州までの「普悠瑪号」列車は去年から運行始めて以来、乗客のニーズに応じられないため、立法委員の周春米さんから停車駅と乗り換え時間の調整提案し、台鉄は13日に4月から休日運行の西線110便と113便は毎日運行に変更すると発表、さらに新左營駅で行乗り換えの便を調整し、屏東から台北行きの運行効率を高めることができます。 屏東県政府は、県の立法委員は交通不便の問題を共同に努力、台鉄も提案に賛同し、この法案で屏東と台北間の交通利便性が大幅に上昇し、もし未来普悠瑪列車調達の許可が下りれば、もっと台鉄に増便してもらい、多くの人々に便利さをもたらします。 台北から潮州行きの「普悠瑪号」列車は去年4月21日に運行して以来、毎日下り17:48松山駅発の111便で、上り14:58潮州駅発の136便しか運行していませんでした。去年10月に台鉄は休日増便で、上り7:30潮州から南港行きの136便(毎週土・日・月運行)と下り14:28南港から潮州行きの133便(毎週金・土・日運行)を増便しました。 しかし増便後の普悠瑪号は、まだ屏東の民衆に毎日午前と午後に上りや下りの便を自由に選び、乗ることが出来ないので、高鉄に乗り換える乗客に時間を短縮させるために、立法委員の周春米さんが台鉄に停車駅と乗り換え時間の調整を提案し、台鉄は4月から休日に普悠瑪直通便を毎日運行に変更しました。 現在、屏東駅から新左營駅の間に運行している便は約130便で、高鉄に乗り換える時間は8〜9分の列車は16便で、10〜15分の列車は55便で、16分以上の列車は77便があります。台鉄からの返答により、現在は15便の自強号列車は新左營駅にも停車するように調整し、同時に優先に高鉄の直通便の合わせて乗り換えの時間を8〜15分に調整、乗り換えの時間を有効に短縮できます。 情報:今日新聞NOWnews

  2017.3.24現在
台北 16〜24℃
or 台中 18〜29℃
高雄  22〜27℃
or 花蓮  18〜25℃
  2017.3.24現在
10000JPY⇒2655NTD

1NTD⇒3.617JPY
©2006 Top Taiwan Media Factory CO,.LTD. All rights reserved.